MENU

借金は滞納するとどうなる?

今までは、しっかり返済していたけど、返済が出来なくなって滞納してしまったという経験をしたことがある人が多くいると思いますが、滞納をして放置をしてしまうと、最悪の場合、督促や差し押さえをされる可能性があります。

 

 

下記では借金を滞納した時は、どうなるのか、その時の対処法について紹介していきます。

 

 

借金滞納がヤバイ理由

 

遅延損害金が発生する

返済が間に合わないと、遅延損害金が発生します。
ちなみに遅延損害金とは、延滞をした人が払わなくてはいけないお金のことです。

 

返済日の1日〜2日後に支払える場合や返済の見込みがある場合は、金融機関に事前に連絡しておくと、待ってくれる可能性があるので、連絡しておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

催促の電話が来る

返済日が過ぎると、金融機関から催促の電話がかかってきます。
電話では、「返済日が過ぎているので、確認していただけますか?」というようなことを言われると思います。

 

その時に返済の見込みがあるようであれば、「〇日には返済出来るので、それまで待っていただけますか?」としっかり伝えるようにしてください。
そうすれば金融機関も待ってくれます。

 

またすぐに返済が出来るのであれば、すぐに返済しなくてはいけません!

 

金

 

手紙が届く

電話をしても返済をしなかった場合や電話にすら出ないような場合は、催促の手紙が届きます。

 

その手紙には、返済のお願いと「ここまま延滞が解消されない場合は、法的措置をとります。」というような内容が書かれています。

 

もしも借金をしていることを家族に内緒にしている人は、この手紙が届いたことでバレてしまう可能性が非常に高いので注意したほうがいいでしょう。

 

 

ブラックリストに載る

2〜3ヶ月返済しないでいると、ブラックリストに登録されてしまいます。

 

ブラックリストに載ってしまうと、クレジットカードを作ったり、ローンを組むことが出来なくなってしまいます。
作りたくても、審査で落ちてしまうので無理です!

 

なので、長期にわたって延滞するのは絶対にやめましょう。

 

 

 

一括返金するように要求される

手紙が届いたけど、それでも延滞状態が続いていると、次は一括返金を要求されてしまいます。
この時は、「〇日までに全額を返済してください」というような内容の請求が来ます。

 

ですが、ここまで滞納した人が、一括で返済出来る訳がありませんよね?では、どうしてこのような請求をしてくるのかと言うと、差し押さえをする前の流れと考えておくといいでしょう。

 

 

 

差し押さえされる

それでも返金されないと最終手段として差し押さえされます。

 

差し押さえをされると反抗出来ませんし、給料の4分の1を強制的に回収されてしまいます。

 

差し押さえされてしまうと、家族だけじゃなく、職場にも知られてしまうことになるので、差し押さえにならないようにしたほうがいいでしょう。

 

借金を滞納してしまうと、このようなことが起こります。
もしも返済日を忘れてしまっていただけなら、すぐに返済すれば済む話なので良いですが、返済が出来なくて滞納してしまったとしても放置はしない方がいいでしょう。

 

また返済日は過ぎてしまったけど、返済の見込みがある場合は、金融機関にすぐに連絡していつまでに払うから、待ってほしいということをしっかり伝えなくてはいけません。

 

 

 

返済に困った時は?

もしもどうしても返済が出来なくて困った時は、まずは弁護士や司法書士などに相談してみてください。

 

きっと1人で悩んでいても解決しないで時間が過ぎてしまうだけだと思うので、相談した方がいいでしょう。

 

今は無料相談を行っている事務所も多くなっているので、そのような事務所を選ぶといいでしょう。
そして相談をして、債務整理をするとなるのであれば、そのまま手続きを進めていくといいと思います。

 

債務整理と言っても種類があるので、自分の状態に合わせて専門家と話し合って決めるといいでしょう。

 

この時に弁護士や司法書士に依頼すると、更にお金がかかると思う人がいると思いますが、その費用が分割で支払うことが出来る事務所も多いので、あらかじめはじめに費用についても話しておくと安心でしょう。

 

 

 

自己破産は最終手段!

どうしても返済が出来なくて生活が苦しいと思う人の中には、債務整理を考える人がいると思いますが、債務整理と言うと多くの人が自己破産が1番に思い浮かぶのではないでしょうか。
もちろん自己破産をすると借金が全て無くなるというメリットがありますが、財産を全て失うという大きなデメリットがあるということをしっかり理解しなくてはいけません。

 

 

また債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産があります。

 

それほど借金が多くないのであれば、バレにくい任意整理をしたほうがいいと思いますが、それでないと個人再生か自己破産になってしまいます。

 

ですが、自己破産をすると財産が全て失ってしまいますし、家族にも迷惑がかかってしまいます。また職場にもバレてしまいます。

 

なので、すぐに自己破産にしようと考えるのではなく、手は尽くしたけどもうどうすることも出来ないとなった時に、最終手段として考えるようにしてください。

 

 

 

 

 

ここまでのまとめ

 

・滞納をするとどのようなことが起きるのか理解する
・どうしても返済が出来なくて困っている時は、専門家に相談したり、債務整理を考える
・自己破産は最終手段として考える

 

 

 

ここまで見てもわかる通り、滞納をしてしまうと最悪の場合差し押さえをされてしまうことになります。
差し押さえにならないためには、返済できない借金はしないことが大切です。そのためには、借金する前にしっかりと返済計画が必要なので、しっかり計画を立てるようにしてください。

 

またどうしても返金できないのであれば、出来るだけ早く相談した方が自分のためにもなると思うので、放置しないでください。

 

債務整理をしようと考える人は、自分に合った物を選んですることをオススメします。
自己破産はあくまでも最終手段です!避けることが出来るのであれば、絶対にしないほうがいいので避けるようにしいましょう。

債務整理をするとローンは組めないって本当?

債務整理をするとローンが組めないという話を耳にしたことがある人が多いのではないでしょうか。

 

ローンが組めないと聞くと、「債務整理なんてしたら大変だ!」と思うと思いますし、債務整理をしたことが無い人は、「本当にローンが組めなくなるの?」と疑問に思うかもしれませんが、実は債務整理をすると、信用情報機関に記載されてしまうので、ローンが組めないと言われています。

 

では、どうしてローンが組めなくなるのかを今回は紹介していこうと思うので、債務整理をしようか考えている人はあらかじめ目を通しておいた方がいいでしょう。

 

ローン

 

債務整理をしたことでおこるローンへの影響とは?

債務整理をすると信用情報機関に記載されてしまうため、ローンを組むことが出来なくなるでしょう。

 

通常ローンを組むというのは、継続的に支払いをしなくてはいけないので、債務整理をローンを組もうとすると、「もしかしたら途中で支払いが滞るかもしれない」と判断される可能性が高いので、審査をしても通らないことが多いです。

 

そしてローンと言うと、住宅や車の購入時を思い浮かべる人がいるかもしれませんが、実はカードローンや子供がいる家庭であれば教育ローンなどにも影響が出てしまいます。

 

ですが、一生ローンが組めなくなるという訳じゃなく、5〜10年の間は難しいだけで、信用情報への登録が消えてしまえば、基本的にはローンを組むのに影響しないので、安心していいでしょう。

 

 

 

家族がローンを組むのに影響はあるのか

ローンが組めなくなると聞くと、「自分が債務整理をすると家族もローンが組めなくなるのかな?」と思ってしまうかもしれませんが、自分名義のローンが組めないというだけで、家族がローンを組むのには影響することはありません。

 

 

辞典

 

なので、家族の個人情報には何も影響がないので、普通にローンを組むことが出来るので、どうしてもローンが組みたいと思うのであれば、家族名義でローンの審査をしてみてもいいでしょう。

 

 

再度ローンなどを組む時の注意点とは?

信用情報の登録が消えた後に再度ローンなどを組む時には注意したほうがいいことがあるので紹介しておきます。

 

@債務整理の対象になっていた金融業者は避ける!

 

債務整理後と言っても、債務整理が対象になった金融業者は絶対にさけたほうがいいでしょう。
これは信用情報の登録が消えたからと言っても企業内ではブッラクリストとして載っているので、審査をしたとしても通らないことが多いので、別の企業を選ぶようにしたほうがいいでしょう。

 

ローンを組んだり、クレジットカードを作るということは、信用第一です。
ですが、債務整理期間中は、使用情報やくクレジットカードなどの情報が全くないので、信用出来る実績がありません。
信用出来る情報がない人は、ローンを組んだり、クレジットカードなどの審査は通らないので、債務整理対象になっていない企業を選び、ローンなどを組めるようにすることをオススメします。

 

 

 

A信用情報の開示請求をする

 

ローンなどを組もうと考えている時に、本当に登録から消えたのかを確認した方がいいでしょう。
5〜10年で消えると言われている物の、必ずそれで消えているとは限らないので、もしも消えていない状態で審査をしてしまうと、審査が通らなくなってしまいます。

 

このようなことになってしまうと大変なので、事前に調べてから審査をすることをオススメします。

 

 

 

ここまでのまとめ

 

・債務整理をすると5〜10年はローンが組めなくなる
・債務整理をしたからと言って、家族がローンを組むのには影響はない
・債務整理後に再度ローンを組む時には、債務整理の対象になった金融業者はさける
・再度ローンを組む前に、信用情報の開示請求し登録が消えているかあらかじめ確認する

 

 

 

 

このように債務整理をするとローンを組むことが出来ません。といっても一生組むことが出来なくなるのではなく、5〜10年で基本的には登録が消えるので、その後であれば組むことが出来るようになるでしょう。

 

ですが、債務整理の対象になった金融業者を再度使おうとしてしまうと、企業内のブラックリストに載っている可能性があるので、その業者は避け違う業者を選ぶようにしたほうがいいでしょう。

 

また5〜10年で登録が消えていない場合もあるので、その状態で審査をしてもと売らないで無駄になってしまう可能性もあるので、審査をする前に必ず信用情報の開示をして、消えているようなら審査をするなどしたほうが安心してローンを組むことが出来るのではないでしょうか。

 

債務整理をしてしまうと、どうしても5〜10年に間はローンが組めなくなってしまうので、大変なこともあるかもしれませんが、それを乗り切ってしまえば再度組めるようになります。

 

またその期間中にローンを組まなくてはいけないのであれば、家族名義でローンの審査をすれば通ると思うので、そのような手を使ってもいいでしょう。

債務整理後にクレジットカードは作れる?

債務整理をすると一定期間はクレジットカードを作ることが出来ませんが、一定期間が過ぎてしまえば、作ることは可能ということです。

 

その一定期間は、どの債務整理をするかによって異なりますが、最短5年、最長10年は作れないと思った方がいいでしょう。

 

下記では、債務整理後のクレジットカードについて紹介していきます。

 

 

債務整理をするとクレジットカードが作れない!?

先ほども言いましたが、ローンと同じで一定期間を過ぎてしまえば、債務整理をした人でもクレジットカードを作ることが出来ます。

 

クレジットカードを作る時、カードが発行されるまで通常でも数日〜数週間かかります。
どうして時間がかかってしまうかというと、クレジットカード会社が信用情報機関に情報を照会し回答を待っているからです。カードを作るためには、支払い能力を判断しなくてはいけないので、すぐに発行することは出来ません。

 

カード

 

支払い能力についてですが、消費者は申し込みの時に、年収や勤務先などを申告しますが、それよりも信用情報が重視されます。
過去の借り入れ状況や支払いの履歴などの情報をもとにクレジットカードの発行の可否を決めています。

 

そのため、債務整理後すぐだと、信用情報機関に事故情報が登録されているので、審査をしたとしても通らないので作ることが出来ませんが、登録情報が消えた後であれば作ることが出来るようになるので、それまでは我慢が必要です。

 

 

 

一定期間はどれくらい?

事故情報が消えるまでにはどれくらいの期間がかかるのか気になる人も多いと思うので、債務整理の種類ごとに紹介していきたいと思います。

 

〇任意整理
任意整理の場合は、基本的には5年間事故情報として登録されているので、その期間はクレジットカードを作ることが出来ません。

 

〇個人再生
個人再生の場合は、基本的には5〜10年間事故情報として登録されているので、その期間はクレジットカードを作ることが出来ません。

 

〇自己破産
自己破産の場合も基本的には5年〜10年間は事故情報として登録されているので、その期間はクレジットカードを作ることが出来ません。

 

このように債務整理によって期間が異なるので理解しておくといいでしょう。
またその機関によって手続きのタイミングも異なるので、一定期間は人それぞれでも少し異なってくるというのも理解しておく必要があります。

 

 

 

申し込みをする前には注意が必要

クレジットカードの申し込みをする前には注意しなくてはいけない点がいくつかあるので、紹介していきます。

 

申し込みをする前に開示請求をする

一定期間は債務整理の種類や人によって異なってくるので、事故情報が残っている状態で審査をしてしまうと通りません。

 

そうならないためには、申し込みをする前に信用情報機関に開示請求をしてチェックするといいでしょう。

 

開示請求が出来るのは、基本的には本人しか出来ませんが、委任状があれば代理人でも請求することが出来るので、申し込みをする前に登録が消えているかチェックしたい人は、開示請求してみてください。

 

ちなみに開示請求には、郵送であれば1000円、窓口であれば500円と少しお金がかかります。

 

 

 

債務整理をしたクレジットカード会社は避ける

一定期間を過ぎれば事故情報が消えると言いましたが、クレジット会社内にあるブラックリストには、情報が残されてる可能性が非常に高いです。

 

そのため、再度クレジットカードを作ろうと思った時に、債務整理をしたクレジットカード会社に申し込みをしたとしても、審査が通らずカードが発行されない可能性が非常に高いので、債務整理をしたクレジットカード会社は避け、違うカード会社に申し込みした方がいいでしょう。

 

 

複数のカード会社に申し込みをしてはいけない

「このカード会社の審査は落ちるかもしれないから、違うカード会社にも申し込みをしておこう」と考える人がいるかもしれませんが、複数のカード会社に申し込みをするのは絶対にやめた方がいいでしょう。

 

もしも複数のカード会社に同じ時期に申し込みをしてしまうと、「複数のカードを発行したら首が回らないんじゃないか」と判断されてしまうので、審査が通りづらくなってしまいます。
なので、本当にカードを発行したいと思うのであれば、複数のカード会社には申し込みしないように注意してください。

 

 

 

今持っているクレジットカードはどうなる?

債務整理をしたら、「今持っているクレジットカードってどうなるの?」と疑問に感じている人が多くいると思いますが、結論から言うと、債務整理後は今持っているクレジットカードは使えなくなります。

 

どうして使えなるかと言うと、カード会社というのは実は、カード発行後も定期的に信用情報をチェックしているんです。
これを途上与信と言って、カード利用者の信用状態を確認して滞納などが無いかを見ているんです。
そのため事故情報が登録されると、カードの利用を止められるので、使えなくなってしまいます。

 

 

 

ここまでのまとめ

 

・債務整理後は、一定期間を過ぎないとクレジットカードを作ることが出来ない
・一定期間とは最短5年・最長10年が基本的
・再度クレジットカードの申し込みをする時の注意点をしっかり理解しておこう
・今持っているクレジットカードは債務整理をすると使えなくなる

 

 

 

このように債務整理をするとすぐにはクレジットカードを作ることが出来ませんし、債務整理をしたカード会社では再度カードを発行することは出来なくなってしまいます。

 

一定期間を過ぎて登録情報が消えれば、他のカード会社に申し込みをすれば作れるかもしれませんが、一定期間が過ぎるのは最短でも5年はかかってしまうので、大変と感じてしまうかもしれません。

 

だからと言って闇金に手を出してしまうと、もっと苦しい状態になってしまうだけなので、家族のカードを使わせてもらうか、待つかして絶対に闇金には手を出さないでください。

更新履歴
このページの先頭へ